1930S-1.png

歯周病

shika_2.png

歯周病は、歯と歯肉(歯茎)の境目(歯肉溝)をきちんと綺麗にできていない場合、そこに多くの細菌がたまり起きる病変で、以前は「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれておりました。
症状が進行(虫歯のように痛みはなし)しますと、歯茎の腫れ、口臭がひどくなる、歯のぐらつきなどの症状が出てきます。
また、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。
レーザー治療だけでは、完全に歯周病が治ることはありません。
縁上歯石(見えている所の歯石)ばかり他院ではとっていますが、それだけではだめです。精密検査をしてその数値に合わせた治療が必要になってきますので、縁下歯石(見えない歯石、歯と歯茎の間の歯石)をとらないといけないです。
その後再度再検査を行い、基準値よりも悪いならもう一歩踏み込んだ治療が必要になってきます。それが歯周外科や歯周組織再生療法などがあります。
歯周病は歯石をとれば治るわけではないのです。咬み合わせもコントロールしてあげないと治りません。歯石除去と咬み合わせのコントロールのこの2点での治療が必要です。

 

1930SS-2.png1930SS-3.png1930SS-4.png

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
092-555-3400

bana03.png

bana01.png

bana02.png

bana04.png

bana05.png